スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイルトン・セナ

アイルトン・セナ基本情報フルネームアイルトン・セナ・ダ・シルバ国籍ブラジル出身地ブラジル現金化口コミ生年月日1960年3月21日没年月日1994年5月1日(満34歳没)F1での経歴所属チーム'84トールマン'85-'87ロータス'88-'93マクラーレン'94ウィリアムズ活動時期1984-1994出走回数161優勝回数41通算獲得ポイント614表彰台(3位以内)回数80ポールポジション65ファステストラップ19初戦1984年ブラジルGP初勝利1985年ポルトガルGP最終勝利1993年オーストラリアパチンコ攻略最終戦1994年サンマリノGPタイトル3(1988,1990,1991)アイルトン・セナ・ダ・シルバ(AyrtonSennadaSilva,1960年3月21日-1994年5月1日)は、ブラジル人のレーシング・ドライバー、1988年、1990年、1991年の3度F1ワールドチャンピオン。イギリス「F1Racing」誌において、史上最速のF1ドライバー、史上最高のF1ドライバーに共に1位で選出された[※]。母国ブラジルにおいては、サッカー選手のペレ、無料携帯ホームページと並んで、特に偉大なスポーツ選手の一人とされている。異名には「Genius(天才)」などがあるが、日本では古舘伊知郎により形容された「音速の貴公子」がよく知られている。若い頃には「ハリー」の愛称でも呼ばれた。目次1F1以前1.1出生・幼少期1.2カートレース1.3ジュニア・フォーミュラ2F12.1トールマン時代2.2ロータス時代2.3マクラーレン時代2.4ウィリアムズ時代2.5事故死3事故原因4死因5死後5.1私とコサ語の出会い国内の反応5.2日本国内の反応5.3その他6特筆すべきレース7ドライビングスタイル・技術8人間関係8.1ライバル関係9ホンダとの関係9.1ホンダエンジン搭載車でのセナの記録10F1における主な記録11エピソード12F1以前の戦績13F1での年度別成績14関連項目15脚注16外部リンク[編集]F1以前[編集]出生・幼少期ブラジル、サンパウロ市の地主で農場・牧場・零細商店・自動車修理工場などブラジル国内でも有数の多角経営者ミルトンの長男として誕生。4歳のとき父からレーシングカートを与えられると、たちまちそれに夢中となり、その才能を磨き、父の豊富な資金と環境がドライビング技術の向上を支えた。また、八歳のころに工場のスクラップ寸前のジープをクラッチを使わずに走ったという珍話もある。ただし、学業の成績に悪影響があれば、カートを辞めることが常に条件として課されていたという。[編集]カートレース13歳になるとレースを始め、1977年には南アメリカのカート選手権を制した。また、1978年には当時の日本国内カートレースの最高峰「2ショットチャットカートレース(ジャパンカートグランプリ)」に参戦するために来日し、4位入賞。団体戦では増田二三四・平野晴男とともに5位入賞。1980年のシーズンオフには、幼馴染のリリアンと結婚。この頃から各メディアへのPR活動を始め、自ら資金調達を行うようになる。[編集]ジュニア・フォーミュラ1981年、ヨーロッパに渡り、ジム・ラッセル・レーシングスクールを受講し、イギリスのフォーミュラ・無料携帯ホームページ1600に参戦して優勝するが、父親との約束があったことに加え活動資金が不足したため引退を発表しブラジルに帰国。しかしレースへの情熱は冷めがたく、ブラジルでの生活を強く主張した妻リリアンと離婚。1982年には再びイギリスに渡り、フォーミュラ・フォード2000に転向し、チャンピオンとなる。1983年にはイギリスF3に参戦し、20戦中12勝という当時の最多勝記録を打ち立て、7勝を挙げたマーティン・ブランドルを下し、チャンピオンを獲得した。この年、初の「F3世界一決定戦」として開催されたマカオGPも制した。この年のマカオGP予
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。