スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レイトン教授」完成披露で、問題発言の大泉洋が学歴詐称?

 人気アドベンチャーゲームをアニメーション映画化した「レイトン教授と永遠の歌姫」が完成。声を担当した大泉洋、堀北真希、水樹奈々、渡部篤郎、相武紗季と、橋本昌和監督、日野晃博プロデューサーが参加する完成披露試写会が、早稲田大学の大隈講堂で行われた。

 ・【写真】早くも名コンビぶりを発揮している堀北真希と大泉洋

 先に行われたゲームソフトのレイトン教授シリーズ最新作発表会で、謎解きを楽しむゲームにもかかわらず「早く自分の声が聞きたいので、謎解きが邪魔!」という問題発言が飛び出したレイトン教授役の大泉洋は、「誤解を恐れずに言えば謎が分からないから邪魔だと言ったんですよ。それが、ただ謎が邪魔だと言ったことに…」と繰り返し弁解。

 隣に立つ一番弟子ルーク少年役の堀北真希から「もう大丈夫です!」と諭されスクリーン同様の名コンビ役ぶりを見せたが、大泉は「ここ(大隈講堂)に来るのは(早稲田大学)在学中以来で、寝ても覚めてもいろいろなゼミを受けた覚えがあります」とジョークを飛ばして、会場は笑いの渦に包まれた。

 オペラ歌手ジェニス役の水樹奈々は、「私もゲームをやっていたので、まさかこれに参加できるなんて。二転、三転する謎解きがとても面白く、ハラハラしながら演じさせていただきました」と嬉しそう。レイトンのライバル、デスコール役の渡部篤郎は、「普段は俳優をやっています。プロの声優ではないので、まぁ少々のことは許して貰おうかなと」とクールな表情でコメント。

 レイトンの助手レミ役の相武紗季は、「どうやってレイトン教授とルーク少年と関わっていくのか楽しみでしたが、いろいろ勉強させていただき、すごく良い作品になっていました」とほっとした様子。最後に、これまで伏せられていた新キャラクターとして参加する市村正親がサプライズで登場し、「まさかこのシリーズに参加できるとは思っていませんでした。非常に光栄です!」と意気込みを語った。

 「レイトン教授と永遠の歌姫」は、12月19日より全国東宝系ロードショー。


■ハリウッドチャンネル 最新ニュース一覧

■関連記事
堀北真希の魅力に米俳優がゾッコン!?「アントンは私のことが大好き」
相武紗季がホラー初挑戦、胸キュンホラー「NECK」が映画と舞台で映像化
「ポッキー」のCMガール忽那汐里、重い病を抱える役で恋愛映画初挑戦

■関連リンク
「映画 レイトン教授と永遠の歌姫」作品情報
「映画 レイトン教授と永遠の歌姫」オフィシャルサイト
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。